記事一覧

勉強道具

人の役に立つ職業

人の為になる職業に、心理カウンセラーがあります。心理学を利用して患者さんのメンタル面をサポート・治療する仕事であるが、大きい費用がかかる資格もあるので注意も必要です。資格によっては、費用があまりかからない物もあるので検討して、必要な資格を選ぶ方が良いと思います。

詳しく見る

相談

認定心理士を取得すること

大学で心理学を勉強し、指定されている必要単位を取得できれば、試験を受けなくても卒業と同時に認定心理士という資格を取ることができます。しかしそれだけでは強い資格とはならず、何か他の資格と一緒に取れば強いものになります。

詳しく見る

勉強

メンタルケアと教育機関

心理学を用いて心的な悩みを抱える患者に対応するためには専門資格を取得することが必要です。これは大学や大学院をはじめ専門学校や通信制のカリキュラムでも心理学の資格の取得が可能で、それぞれの状況に合わせた教育機関の選択が重要になります。

詳しく見る

カウンセリング

現代に必要不可欠な人材

多くの人が抱える悩みやストレスを解決、相談できる心理学の資格や知識を持った人材が同じ企業の中や身近にいることで、企業も個人も大きな安心感を持つことができます。そのため今後、心理学のスペシャリストの需要は高まっていくと予想されます。

詳しく見る

ハート

様々な人の役に立つ

心理学に関する資格といえば、心理カウンセラーが挙げられます。心の病気の人をはじめ、様々な人の役に立つことができるので取得しておいて損はありません。まず、専門的な学習をしましょう。それには専門学校に通うなど、様々な方法があります。

詳しく見る

活かせるスキルを取る準備

カウンセリング

活かせるスキルを磨こう

資格の中でもとりわけ医療関係の資格は、自身の今後の環境や、万が一家族に病気や精神疾患があってもそれらをケアし、支えになる生涯使えるスキルです。その中でも心理学の分野は幅広く、比較的初期費用も抑えられる分野があります。心理学の主な資格は認定心理士、臨床心理士それぞれの資格取得を目標としています。認定心理士は心理学における基本的な部分を学習する事を目標とし、人と関わる仕事や、ボランティア活動に活かすことが出来ます。職業に直結する資格ではありませんが、今後それらの資格を取りたいと思う方には基礎を固めておくのに良いでしょう。心理学の通信講座や学習コースは一分野辺り1万円単位から受講する事が出来るので、自身のスキルアップとして子育てや介護、仕事にも幅広く活かすことが出来ます。続いて臨床心理士に関しては、認定心理士より具体的な内容と技能訓練があります。認定心理士とは違い職業に直結する資格なので、医療現場や他の専門施設で働く事ができます。自身の求めるレベルに応じて、かかる費用やかかる日数が違ってきますが自信がどれくらいの熱量で医療関係の資格をとりたいのか、何の為に取りたいのかをしっかりと把握して受講する必要があります。心理学は生きている限り、必ず誰しもが直面する可能性のある健康面や精神疾患を良い方向へと導く手助けをするものです。重宝されるスキルですから、自身のステップアップや高い目標を持って臨むことでその見返りはかなり期待できる事でしょう。