ホルモンを活用する

更年期障害を画期的に改善するホルモン補充療法

日本女性の平均閉経年齢は、約50歳と言われています。 この閉経年齢を挟んで前後10年間を更年期といい、心身の変調が起こりやすい時期として知られ、そうした症状をまとめて更年期障害と呼んでいます。 更年期障害は、のぼせやほてり、異常な発汗、動悸や息切れ、イライラや鬱、めまい等が代表的な症状です。 これらの症状が起こる原因は、閉経に伴い女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少することによって自律神経の調整がうまくいかなくなるから、とされています。 そこで、足りなくなったエストロゲンを補充することが症状の改善に有効とされているです。 これをホルモン補充療法といいます。 これは、更年期障害を根本から治療できる画期的な療法として世界的に注目を集めています。 我が国では、この療法を実行している人は更年期障害で悩む人全体のうち、まだ数%と欧米に比べて少ないとされていますが、広く知られていくにつれ次第にその数を増やしていくとみられています。

ホルモン補充療法の課題とその他の改善法

ホルモン補充療法は、病院の婦人科および更年期外来などで行っており、保険が適用されます。 ただ、以前乳がんのリスクが高くなるという報告がされたことがあり、それゆえ欧米に比べて我が国の実行率が低めであると指摘されていたのです。 しかし、最新の研究ではこのリスクは見直されており、かえってホルモンを補充したことで骨粗しょう症のリスクが減少するなどメリットが大きいと報告されていることから、やがて情報が刷新されて意識変化が起こるとみられています。 それでも、体質や既往症によってこの治療法を受けられない人、またわずかであってもリスクを排除しておきたい人には、漢方やサプリメントによる改善が推奨されています。 中でも、大豆イソフラボンのサプリメントはエストロゲンと似た働きをすることが知られており、これを摂取することでホルモン補充療法に近い効果が期待できるとされています。

TOP
Copyright © 2015 気になる尿漏れを解決するための知識〜尿漏れから守れ〜 All Rights Reserved.
Designed by: www.alltemplateneeds.com / Images from: www.wallpaperswide.com