神経が崩れて起こる病気

耳鳴りの原因について

耳鳴りがして病院に行っても異常がないと診断された場合、まず考えられる原因として自律神経失調症が挙げられます。自律神経失調症とは、肉体が活動している時に働く神経と、肉体が休んでいる時に働く神経のバランスが崩れることによって引き起こされる病気です。自律神経失調症になるといろいろな症状が現れますが、耳鳴りもその一つです。 また、年齢が50歳前後の女性である場合は、更年期障害が原因とも考えられます。更年期障害とは、閉経の時期に女性ホルモンが低下しますが、この時期に現れる不快な症状をいいます。耳鳴りもその症状の一つです。 いずれにしても、耳鳴りは本人にしか分からない症状で周囲にも理解してもらうのが難しいので、精神的にも辛い症状だといえます。

自律神経失調症や更年期障害が原因の場合

耳鳴りがしたらまず、最初に耳鼻科等で受診をすることが必要です。それは、耳鳴りに大きな病気が隠されている可能性もあるからです。そして、自律神経失調症や更年期障害が原因と診断されたら、とにかく休養が必要です。これらの場合、耳鳴りが出る原因は過度なストレスや心労です。ですので、十分な睡眠をとりストレスや心配事をためないようにしてください。休みの日には散歩をするなどリラックスできる環境も整えてください。 また、更年期障害が原因の場合はホルモン療法で治療を行います。ただ、こういった治療をしなくても、更年期障害の場合は更年期を過ぎれば自然と解消されます。ですので、くよくよすることなくいずれ治る病気だ、という明るい気持ちで生活するのがいいでしょう。

TOP
Copyright © 2015 気になる尿漏れを解決するための知識〜尿漏れから守れ〜 All Rights Reserved.
Designed by: www.alltemplateneeds.com / Images from: www.wallpaperswide.com